-

人は生まれたからには必ずどこかのタイミングで死を迎えます。

必ず必要なお金として、お葬式代、お墓代、 末期医療費があり、その前に介護費用も挙げられます。

また住宅ローンを除く未払いのローンや 残された家族が路頭に迷わない程度のお金を 残さなければならないと思うのが人です。

人が死を迎える時には、それなりの金額が発生するのです。

せめてお葬式代だけは、親や兄弟、配偶者、親戚ではなく、 自分が用意しようとした場合、お葬式代っていくらくらいなのでしょうか。

全国平均は、284万円となっています。

火葬だけだと10万円前後という数字もあり、お葬式にそんなにかけたくないよ とおっしゃる方もおられると思います。

しかしそれなりのお葬式を準備しないと 弔問客のこともありますし、残された家族の気持ちの整理がつかないこともあります。

葬儀屋さんにお花代をまけてとは、とても言える状況ではありません。

お葬式は残された家族がするものなので、 その方々のご迷惑にならない程度の準備をしたいものです。